酔人ブログ

農業センターまつり (名古屋市天白名古屋市農場センター)

名古屋市農業センター(delaふぁーむ)で、市民が農産物に親しめる秋の催しが行われます。新鮮な農産物や、地鶏の王様・名古屋コーチンを使った殿様コロッケ、やきとりなどの販売があるほか、大道芸、小動物とのふれあいも楽しめます。※期間中は駐車場有料
2015年11月7日~8日  9:00~16:30

開催場所 名古屋市 名古屋市農業センター(delaふぁーむ)

交通アクセス 地下鉄鶴舞線「平針駅」から徒歩20分または市バス「農業センター北」下車

  

世界遺産 白川郷 名鉄観光バスツアー

白川郷(世界遺産白川郷合掌造集落)は、岐阜県(飛騨国)内の庄川流域の呼称です。大野郡白川村と旧荘川村(現高山市)に相当し、前者を「下白川郷」、後者を「上白川郷」と呼ばれています。今日では白川村のみを指します。白川郷の荻町地区は合掌造りの集落で知られています。五箇山(相倉地区、菅沼地区)と共に独特の景観をなす集落が評価され、白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
白川郷の集落は、1995年に世界文化遺産に登録され年間140万人が訪れる人気の観光スポットとなっています。白川郷には、一般公開を行っている民家、民宿、食事処など多くの合掌家屋が点在しています。日本の原風景今に伝える合掌作りの集落を歩きながらゆったりと癒しのひとときを味わえます。

合掌造りは、茅葺(かやぶき)の角度の急な切妻屋根が大きな特徴となっています。屋根の形が合掌した時の手の形に似ているところから、合掌造りと言われるようになったと伝わっています。

合掌造りの小屋組は、白川郷や五箇山のものが有名になっていますが、本来は日本の民家に広く見られた構造です。茅葺きの屋根では、雨仕舞いのために急傾斜の屋根にする必要があり、合掌造が有利です。また、豪雪地帯の積雪時の屋根荷重を支えるのにも都合がよいのです。 白川の合掌造りは、江戸時代後期から明治時代にかけて造られました。
屋根の茅は、40~50年に1度葺き替えが必要で、今も村人や最近はボランティアの人も加わり、葺き替え作業が行われています。
名鉄観光バスツアーは、世界遺産白川郷、木曽路、恵那、、ハイキングツアーなど色々なツアーを行っております。

  

庄内緑地 秋バラ祭り

約40haの庄内緑地では、例年10月下旬から66種類約2500株のバラが見頃を迎えます。これにあわせて、バラの苗木販売や展示会のほか、野外コンサートやクラシックコンサート、スポーツメーカーのミズノ株式会社によるオリジナル運動教室、体験教室などが行われます。軽食や雑貨、アイスクリームなどの販売もあります。
2015年11月7日~8日  9:00~16:45

開催場所 名古屋市 庄内緑地

交通アクセス 地下鉄鶴舞線「庄内緑地公園駅」2番出口から徒歩1分、またはJR「名古屋駅」から名駅12系統「如意車庫前行」の市バス「庄内橋」~徒歩5分

  

リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展(名古屋市美術館)

貴重なラファエル前派の作品が日本初公開

日本の画家や文学者にも多大な影響を与えたとされる「ラファエル前派」。リバプール国立美術館が所蔵する代表的な「ラファエル前派」作品が日本で初披露される。ジョン・エヴァレット・ミレイ、ダンテ・G・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハントなど、ラファエル前派の作品をはじめ、その流れをくむ作家たちの代表作を約70点展示する。

名古屋市美術館・企画展示室1・2

料金 入場券 一般 1400円   大学生 900円   高校生 900円

※中学生以下無料

開催日・期間 2015年10月3日(土)~2015年12月13日(日)※期間中の開催日:休館日の月曜、10月13(火)、11月24日(火)を除く(ただし10月12日、11月23日は開館)

開催時間 9:30~17:00 金曜は20:00まで、最終入場は閉館30分前まで
交通アクセス 【電車】地下鉄伏見駅から徒歩8分 【車】名古屋高速鉄道白川ICからすぐ
  

白鳥庭園 観楓会「紅葉茶会」

名古屋市内にある白鳥庭園で、モミジなど約1500本の紅葉の見頃にあわせて茶会が催されます。地産地消をテーマとした無農薬野菜の青空市などを開催する「ファームエイド名古屋」のほか、和太鼓の演奏も行われます。11月21日から12月6日には、通常より開園時間が延長され、紅葉に彩られた庭園がライトアップされます。
2015年11月21日~23日  9:00~21:00(入園は20:30まで)

開催場所 名古屋市 白鳥庭園

交通アクセス 地下鉄名城線「神宮西駅」から徒歩10分

  

名古屋ボストン美術館 ヴェネツィア展 魅惑の都市の500年

名作の数々で“ヴェネツィアの美”を辿る世界屈指の観光地であり、大運河を漂うゴンドラやきらびやかなカーニヴァルで知られる水の都ヴェネツィアをテーマにした展覧会が開催される。ヴェネツィア派最大の巨匠・ティツィアーノをはじめ、大画面を劇的に演出したティントレット、明るく華やかなヴェロネーゼのヴェネツィア・ルネサンス三大巨匠の作品を一堂に公開。またモネ、ブーダンら19世紀を代表する印象派の画家たちが水の都を描いた作品や、レースや絹織物、ガラスなどの贅を極めた工芸品も併せて約130点が展示される。

開催場所・会場 名古屋ボストン美術館
開催日・期間 2015年9月19日(土)~2016年2月21日(日)※期間中の開催日:月曜・年末年始(12月28日~1月1日)を除く(月曜が祝日の場合はその翌日休館。ただし9月21日の代休は9月24日)

開催時間 平日 10:00~19:00 最終入館18:30

土・日・祝 10:00~17:00 最終入館16:30

交通アクセス 【電車】JR・名鉄・地下鉄金山駅南口からすぐ
  

東山動植物園もみじ狩り

自然豊かな東山動植物園は、紅葉する樹木が500本以上もある名古屋市内でも有数の紅葉の名所です。也有園とその前の合掌線、奥池周辺、日本庭園などで、イロハモミジ、ハウチワカエデ、モミジバフウ、カイノキなどの紅葉が楽しめます。市内を一望できる高さ134mのスカイタワーからは、遠く御嶽山まで望むことができ、例年11月下旬になると紅葉の絶景が楽しめます。ピークにあわせて「東山動植物園もみじ狩り」が開催され、11月20日から23日と27日から29日には、植物園が20時30分まで(入園は20時まで)延長開園され、紅葉にライトアップが施されます。
2015年11月17日~12月6日  ライトアップ/11月20日~23日・27日~29日(植物園が20:30まで開園、入園は20:00まで) ※休園日は毎週月曜(祝日の場合は直後の休日でない日)

開催場所 名古屋市 東山動植物園

交通アクセス 地下鉄東山線「東山公園駅」から徒歩3分、または地下鉄東山線「星ヶ丘駅」から徒歩7分

料金 入園料/大人500円、中学生以下無料

  

名古屋城菊花大会および菊人形

名古屋で最大級となる菊の展示会が、名古屋城の西之丸(広場)と西の丸展示館で開催されます。名城菊の会による大菊や山菊、切花など約500点が展示されるほか、10月31日から11月3日までは、気軽に利用できる「菊栽培相談所」(無料)や、お値打ちの菊花を販売する「福助・山菊即売所」も開設されます。正門には、たくさんの菊を使って装飾した人形が展示されます。随所に伝統の職人技が光る艶やかな人形が、見る人の目を楽しませます。
2015年10月25日~11月23日

開催場所 名古屋市 名古屋城

交通アクセス 地下鉄名城線「市役所駅」7番出口から徒歩5分、またはJR「名古屋駅」からなごや観光ルートバス“メーグル”「名古屋城」下車

  

日本モンキーパーク 「出現!妖怪ウォッチランド~キミも妖怪と友だちになろう!~」開催!

昨年大好評だった「出現!妖怪ウォッチランド」が新しくなって、この秋日本モンキーパークで開催されます。妖怪いっぱいの「ちょっと不思議な日常」が広がるドキドキわくわくの不思議な冒険を体感することができます。

【開催期間】 9/12(土)~12月20日(日)

  

ワールド・コラボ・フェスタ2015(オアシス21「銀河の広場」)

中部地区最大の国際交流イベント「ワールド・コラボ・フェスタ」が、オアシス21「銀河の広場」で開催されます。「ワールドステージ」では、世界の歌や踊りなどが披露されるほか、国際交流、国際協力、多文化共生に携わる出展団体のブース展示では、東海地域で活躍するNPOやNGO、行政機関、企業などの参加団体による活動が、楽しく、わかりやすく紹介されるなど、さまざまなプログラムが予定されています。

2015年10月24日~25日  10:00~18:00

開催場所 名古屋市 オアシス21「銀河の広場」

交通アクセス 地下鉄東山線・名城線「栄駅」下車

  

ご予約はお電話にて承ります Tel052-973-0801 留守番電話の時のお急ぎの御予約は、090-4405-6401