酔人ブログ

秋の高山祭

高山祭とは、春の「山王祭(さんのうまつり)」と秋の「八幡祭(はちまんまつり)」、二つの祭をさす総称で、16世紀後半から17世紀の発祥とされています。幾多の変遷を経ながらも、江戸時代の面影を残す伝統行事として、今日まで受け継がれてきました。このうち、高山を秋の彩りで染める「八幡祭」は、旧高山城下町北半分の氏神様である桜山八幡宮の例祭です。毎年10月9日・10日になると、安川通りの北側・下町に「八幡祭」だけの11台の屋台が登場。屋台が町を巡る曳き廻しや布袋台のからくり奉納などの伝統的な祭行事が楽しめます。

  

第38回大須大道町人祭 大須商店街

大須商店街一帯に大道芸人が集い、さまざまなショーを繰り広げる「大須大道町人祭」が開催されます。バラエティに富んだ大道芸をはじめ、毎年人気の「おいらん道中」、「金粉ショウ」など、普段は見られないパフォーマンスが堪能できます。
2015年10月10日~11日
開催場所 名古屋市 大須商店街一帯

交通アクセス 地下鉄鶴舞線「大須観音駅」または「上前津駅」下車

  

第5回名古屋グルメ選手権 NAGO-1グランプリ

愛知県の“地産地消”をテーマとした名古屋グルメを一挙に紹介する「NAGO-1グランプリ」が、栄ミナミを舞台に開催されます。矢場公園特設会場では、22店舗の人気飲食店が開発した新名古屋グルメによるコンテストが行われ、投票でグランプリが決定します。名古屋コーチンや三河豚、七宝味噌などを使ったメニューを食べ比べることができ、「魅力あふれる名古屋の食」を存分に楽しめます。
2015年10月8日~18日  オープニング/8日15:30~、平日/16:00~21:30、土日祝/11:00~21:30 ※雨天決行、荒天時は中止となる場合あり

開催場所 名古屋市 矢場公園特設会場(ナディアパーク南側)

交通アクセス 地下鉄名城線「矢場町駅」5・6番出口から徒歩5分、または地下鉄東山線「栄駅」7・8番出口から徒歩7分

  

農業文化園・戸田川緑地 秋まつり

脱穀体験やラッカセイの収穫など、子どもを対象とした秋の農業体験が戸田川緑地で行われます。フラワーバイキング、花の名前当てクイズのほか、花いちばや地元野菜の販売なども行われます。※イベント期間中、駐車場は有料となります。
2015年10月10日~12日  9:00~16:30

開催場所 名古屋市 農業文化園・戸田川緑地

交通アクセス 地下鉄名港線「東海通駅」またはあおなみ線「名古屋競馬場前駅」から「河合小橋行」の市バス「南陽支所」下車、またはJR関西本線「春田駅」から「南陽巡回(右回り)」の市バス「戸田川緑地」下

  

東谷山フルーツパーク 秋のフルーツフェア

果物のおいしい季節にあわせて、東山谷フルーツパークで「秋のフルーツフェア」が開催されます。秋の果物の即売会や果物収穫体験のほか、特設ステージでは、名古屋市消防音楽隊や和太鼓の演奏、大道芸、ビンゴゲームなど、子どもから大人まで楽しめる催しが行われます。
期間 2015年10月10日~12日

開催場所 名古屋市 東谷山フルーツパーク

交通アクセス JR中央本線・愛知環状鉄道「高蔵寺駅」南口から徒歩25分もしくは「高蔵寺行」のゆとりーとライン「東谷橋」~徒歩15分、または地下鉄「藤が丘駅」・名鉄「小幡駅」から「東谷山フルーツパーク行」の市バス「終点」~徒歩13分

  

東山動植物園秋まつり(東山動植物園、東山スカイタワー)

「アニマルトーク」や「キリンの展望デッキ」など、東山動植物園内の各所で行楽の秋を楽しめるさまざまな催しが行われます。7月に生まれたキリンをはじめ、コアラ、カンガルーなどの可愛い赤ちゃんを見ることができます。
2015年10月3日~11月15日  ※休園日は毎週月曜(祝休日の場合は直後の休日でない日)

開催場所 名古屋市 東山動植物園、東山スカイタワー

交通アクセス 地下鉄東山線「東山公園駅」から徒歩3分、または地下鉄東山線「星ヶ丘駅」から徒歩7分

  

ハローキティのワンダーランド~科学の国へようこそ~

アリスにふんしたハローキティと一緒に「不思議の国」に迷い込み、様々な科学の不思議を体験しよう! 鏡を使った不思議な仕掛けや、目の錯覚を利用した視覚トリックが作り出す不思議な世界。会場でしか買えないオリジナルグッズの販売もあり。
開催場所・会場 テレピアホール

料金 料金

※中学生以上/当日 1,300円 3歳以上小学生/当日 800円

開催日・期間 9/12(土)~10/12(月)※最終入場17:30 ※会期中無休

開催時間 11:00~18:00

  

有松天満社秋季大祭 有松山車まつり

有松天満社の秋季大祭である「有松山車まつり」は、江戸時代の佇まいを残す有松で催される一大祭りとして知られます。名古屋市指定有形文化財の山車3台が、旧東海道を華麗に練り歩き、見どころとなっています。夜には3台の山車に約250個の提灯が灯され、街道を巡行します。
2015年10月4日  昼の部/10:00~14:00、夜の部/18:00~21:00 ※雨天の場合は11日に順延
開催場所 名古屋市 有松町・旧東海道一円

交通アクセス 名鉄本線「有松駅」下車
  

愛知県美術館 芸術植物園 愛知芸術文化センター10階

古代から現代アートまで幅広い表現を集めた“植物園”のような展覧会が、愛知県美術館で開催されます。古代の植物文様をはじめ、江戸時代の花鳥画、東西の本草学図譜、近代の植物写真、現代美術における植物表現などの作品が展示され、今村文、狩野哲郎、渡辺英司の3作家によるインスタレーションが展開されます。四季折々の花や遠い異国の植物、現実には存在しない植物などが一堂に会し、同時に見ることができるのは美術館ならではです。日本最初の理学博士、伊藤圭介の資料を中心に、幕末明治の「本草学」の魅力も紹介されます。
開催期間 2015年8月7日~10月4日  10:00~18:00、金曜/~20:00(いずれも入館は閉館の30分前まで) ※休館日は毎週月曜(9月21日は開館)、9月24日

開催場所 名古屋市 愛知県美術館

交通アクセス 地下鉄東山線または地下鉄名城線「栄駅」から徒歩3分、または名鉄瀬戸線「栄町駅」から徒歩3分

主催 愛知県美術館、朝日新聞社

料金 一般1100円、大高生800円、中学生以下無料

  

なごやめし博覧会2015

名古屋市内の約300店舗が参加する「なごやめし博覧会」が今年も開催されます。味噌かつ、きしめん、手羽先など、代表的な“なごやめし”をはじめ、ひつまぶしやスイーツなど名古屋で人気の店舗が参加し、街中が回遊型の食べ歩き会場となります。全店共通の博覧会チケットで、定番物から斬新なメニューまで、さまざまな“なごやめし”が味わえます。名古屋おもてなし武将隊が参加店舗に現れ、大いに盛り上げる「武将隊乾杯イベント」もあります。
  

ご予約はお電話にて承ります Tel052-973-0801 留守番電話の時のお急ぎの御予約は、090-4405-6401