酔人ブログ

なぜ地鶏の王様なのか?

地鶏とは、国内産に限定し、両親または片親が在来種(コーチンや比内鶏など約40種)、つまり日本種の血統が50%以上入っているものです。日本3大地鶏と呼ばれるのは、愛知の名古屋コーチン、秋田の比内地鶏、鹿児島の薩摩軍鶏ですが、コーチン以外の2種は天然記念物指定ということもあり、薩摩軍鶏は白色プリマスロック種と、比内地鶏はロードアイランドレッド種とそれぞれ交雑種として多くが販売されています。それに比べると「純系名古屋コーチン」は100%純血。味もさることながら王様といわれる所以です。

地鶏の王様、純系名古屋コーチン

名古屋コーチンは一般のブロイラー種の3倍の時間をかけて丁寧に育てられております。そのため適度に脂肪があり、弾力・充実感を味わうことができます。名古屋コーチン×名古屋コーチンから生み出される100%純血種である純系名古屋コーチン。本物の味「こく」を是非ご堪能下さい。

純系名古屋コーチンの純系とは?

オスもメスも確かな名古屋コーチンの親鶏から生まれたヒナが名古屋コーチンです。純系と呼べるのは、愛知県畜産総合センター種鶏場で管理し、育成された種鶏の

産む卵を愛知県が指定する孵化場で孵化させ、選定されたヒナを名古屋コーチン

普及協会の会員の農場(名古屋周辺地域内)で育った鶏を純系名古屋コーチン

としております。つまりは、本物のと言うことです。

純系名古屋コーチンのお店>>

純系名古屋コーチンメニュー>>

名古屋コーチンの由来

江戸の昔、尾張藩の武士の間では、内職として鶏を飼うことが広く行われていました。明治維新で禄を失った尾張藩士は、養鶏を本業とするものが多く出て「名古屋のサムライ養鶏」として有名でした。

そうした中、尾張藩士の海部荘平・正秀の兄弟は、

たゆまぬ努力の末当時の中国から入手したバフコーチンと地鶏との

交配種を改良した新種を作り上げました。当時「海部鶏」と呼ばれたこの鶏は、

全国に味のよさが評判となりいつの間にか名古屋から来た鶏ということで

「名古屋コーチン」と呼ばれるようになったのでした。

純系名古屋コーチンのお店>>

純系名古屋コーチンメニュー>>

店名(酔人)の由来

純系名古屋コーチンを中心としたお料理の数々。
料理と共に過ごす、大切な人と、その時間。

「食に酔い、人に酔う」

そんな時間を皆様に・・・。

愛知県名古屋市中区新栄町3-8 今川ビル 2F

地下鉄栄駅12番出口から広小路通りを中区役所方面へ徒歩3分。
   
周辺施設: テレビ塔、 オアシス21、愛知県芸術劇場、中日劇場、三越(ラシック)、松坂屋、PARCO、CBC、東海テレビ、キング観光サウザンド新栄店

周辺のホテル

名古屋東急ホテル、ベストウェスタンホテル名古屋、ホテルマイステイズ名古屋栄、ホテルルートイン名古屋栄、東横INN名古屋栄、ユニゾイン名古屋栄東、R&Bホテル名古屋栄東、アパホテル名古屋栄、ホテルセントメイン名古屋、ホテル ザ・ビー 名古屋、第二富士ホテル 

  

 

純系名古屋コーチン 酔人の創業

今回は、純系名古屋コーチン 酔人の紹介をさせて頂きます。

創業は、2008年12月1日。

多くのお客様に支えられてお陰様で、今年の12月で8年目を迎えます。

本日にありがとうございます。

おすすめコース(純系名古屋コーチン尽くしコース)

純系名古屋コーチン尽くしコースは、当店名物水炊き、先付、笹身霜降り、炙りタタキ、炭火串焼き、手羽先唐揚げ等が付いておすすめです。

遠方からのお客様や、初めてご来店のお客様などにご好評いただいております。

連休(シルバーウィーク)中の営業について

9月19日土曜日、20日日曜日、21日月曜日(敬老の日)、22日火曜日(国民の休日)、23日(秋分の日)は、休まず営業致しますのでよろしくお願いします。

ご来店の際は前日までのご予約が安心です。

ご予約はお電話にて承ります Tel052-973-0801 留守番電話の時のお急ぎの御予約は、090-4405-6401