アイスワインの製法について…完熟した葡萄の果汁が氷結することにより、水分が氷として残り濃厚な糖分を含む凝縮した果汁がとれます。

もちろん一つの葡萄から、通常の果汁の1/8程しかとることが出来ないため、コストが莫大に上がります。

しかも夜中から朝方にかけて手摘みで収穫するという驚くべき手間をかけたアイスワインは人件費も高くつくのです。若々しく生命力に富んだアイスワインです。

フレッシュ=軽いというデザートワインが多いですが、こちらのワインは凝縮された甘みと果実香味を持ちます。

何とも心地良いバランスがある、良質のアイスワインです。

リースリングという品種は、ドイツの優良品種ではありますが、葡萄の皮が薄いため、貴腐ワインには向くのですが、アイスワインには難しい品種なのです。
明るい黄金色。エレガントなリースリングで甘さと良い酸があります。柔らかなミネラル分で、僅かにミラベルやアプリコット、桃など黄色いフルーツの香りです。しっかりと甘さがあり、酸もあって、その酸が甘さをさっぱりとした後口に変えてしまいます。 レモンキャンディのようです。初め甘くて後口がさっぱりするので、飲み飽きしない本格アイスワインと言えます!!