ムートン・カデは、シャトー・ムートン・ロスチャイルドの精神を受け継ぐ、シャトー・ムートン・ロスチャイルド直系のブランドワインです。
その始まりは1930年、ブドウが不作となりシャトー・ムートン・ロスチャイルドを瓶詰めできなかったことから、そのブドウを使ったワイン、ムートン・カデが誕生しました。この判断を下したのは、シャトー・ムートン・ロスチャイルドに 様々な革新をもたらしたフィリップ・ド・ロスチャイルド男爵。彼が一族の 末っ子(カデ)であったことと、ムートン直系のワインという意味を込めて、『ムートン・カデ』と名付けられました。
カシスや黒スグリ、レッドカラントなどの果実やハーブ、バニラのアロマ。なめらかで豊かなボディに心地よく調和のとれた、親しみやすい味わいが印象的です。すいすいと飲めるスムースなスタイルながら、キレの良い酸味が全体を引き締め、とてもバランスの良い仕上がり。後味や余韻が何とも心地良く、飽きのこない味わいです。